記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四谷のY

20代の頃、一時期都内の知り合い経由でセットを頻繁にしていた時期があった。だいたい新宿と四谷で開催されていて、その日は四谷の雀荘で高目のセットがあってかなり負けた。30枚持って行って残りは5枚くらいしかなかったと思う。まだ時間も早かったのでどこかで一杯ひっかけてからセフレで暇そうなやつの部屋にでも転がり込もうかと思っていた。何度か行ったことのある店まで歩いていると、どこからかきついアメリカ訛りの英語が聞こえてくる。若い日本人の女だ。かなり興奮しているし、相当酔っている。女友達と音楽の話をしているようだ。

化粧が濃くて一見ギャルっぽい女が流暢な英語で話しているのを見て学生の頃を少し思い出した。あの町にはたくさんの外貨を稼ぐためだけにあるような学校があって、そこには留学と言うよりは、どちらかというと遊学しにきた多数の日本人達がいて、我々、某大学のスケコマシ達にとっては天国のような場所だった。

多くの大学ランキングでも上位に食い込む某大学の学生だというだけでも女の子達は食いついてくるのに、それだけではなくて、俺たちは若くて、自信家で、(何人かの仲間のおかげで)金があり、高級車があり、でかいマンションがあり、何より、どんなドラッグも手に入れられた。

クラブや飲み会、カフェや時にはストリートで日本の女の子達を引っ掛ける時、もちろん話すのは俺だ。英語で話しかけて、彼女達の拙い英語を褒め、日本人だということに少々驚いてからこちらも日本人だと明かす。それから友人達に紹介してパーティーに誘う。こちらには仲間内の彼女(またはセフレ)なんかもいるし、みんな紳士的でそれでいて遊ぶのが大好きなやつらなので、ほぼみんな誘われるがままに。

ただみんな楽しみたいだけだった。ゆきずりのセックスも楽しいし、いい子がいれば付き合うし、何人かで楽しむこともあった。頼まれなければハードなものをあげたりはしなかったけれど、グリーンに関してはみんな吸っていたので、当然、海外経験の短い若い女の子達にも勧めた。勧めたと言っても、みんなでジョイントを回していれば吸うことになる。日本では未だにバカみたいに取り締まられているけど、こんなのもの取り締まって得するのは暴力団だけで、税金の無駄だというのは日本国内でさえ多くの警察官僚や弁護士、医者の共通認識。我々の大学の教授陣にも愛好者は多かった。

可愛い女の子達に初めてこれを経験させるのは本当に楽しくて、最高の音楽と酒と食べ物でもてなした。もちろん、こんなことするのは週末だけで、平日は閉館するまで図書館で勉強するのが当たり前だった。大いに学び、大いに遊んだ。今までの人生の中で最も充実していた時期の一つだと思う。

Y"I gotta go. Night night♡”

電話を終えてマルボロライトに火をつける。

のび太"Hey sexy, you have a light?"

少々驚いてこっちを見る顔は予想以上に幼かった。酔っているので少し大胆になっているのか、悪戯っぽく目を見つめながらzippoで火をつけてくれる。どこ出身か聞いてきたので日本人だと答えるとクスクスと笑う。国籍不詳だったようだ。唐突にライブに来ないかと誘われた。すぐそこでライブがあるからと。この時点でこの少々エキセントリックな女の子を抱くと決めていたので、断る理由もない。誘う手間が省けた。

ライブはなんというか、趣味には全く合わなかったけれど、右翼パンクという新しいジャンルは新鮮だった。ネイティブ並みのアメリカンイングリッシュを当然のように話すYがどういう経緯でこの特殊な音楽を聴くようになったのかは疑問だったが、彼女と一緒にショットで何発かいったウオッカのおかげで予想以上に楽しめたし、ライブが終わる頃には自然に濃厚なmake outをしていた。

そのまま新宿に流れて、ダーツバーでAsti(お酒に慣れていない若い女の子のためにあると言っても過言ではない)を開けて、ボックス席で弄りあい、ホテルへ。10代の吸いつくような肌は久しぶりだった。じっくり時間をかけて何度も執拗に逝かせて、最後は正常位で。果てそうになるとYは口にくれと言う。行く瞬間に抜くと素早く口に含め最後の一滴まで吸い出し、時間をかけて舐めてくれた。

Yの身の上話を聞きながらタバコを吹かす。某王手商社の重役の父を持つYは中学の時に渡米し、18まで内陸部の州で育つ。彼氏がネオナチだった影響で17でマインカンフを英語ではもちろんドイツ語でも読破した。ドイツ語もかなり流暢なようだった。高校卒業前に暴力的になることがあったネオナチの彼氏と別れ、卒業後帰国し、数ヶ月後には某最難関私立大学に帰国子女枠で入学予定と言っていた。実際頭がいい子だった。太宰と芥川を好んで読み、元彼の影響で右翼思想に嵌り、右翼パンクのライブに顔を出す、帰国子女のギャル。今思うと相当不思議な子だ。

頭が良いとはいえ、まだ18。Yは傷つきやすく、多感で、海外暮らしが長かった帰国子女特有の疎外感を御多分に洩れず強く感じていた。彼女にとって、のびたは天から突然与えられた頼りになる、同じ留学経験を持った、英語で心置きなく話せる最高のお兄ちゃんだった。お兄ちゃんお兄ちゃんと甘えてくるYは本当に可愛かった。パーティー好きで、クラブも大好きだったので、六本木のクラブや歌舞伎町の昔よく通っていたクラブ(歌舞伎町のK参照)にもよく連れて行った。若いYにセックスの喜びを教えるのも本当に楽しかった。何度も逝かせて、口移しで水を飲ませ、また逝かせる。フェラがますます上手になり、騎乗位や座位で巧みに動けるようになったYは、ピルを飲み始めたこともあり、際限なくのびたの精子を吸い上げていった。そしていつも射精した後のペニスを丁寧に時間をかけて吸った。

この頃、のびたには20代のステディーがいて、そのことはYも知っていた。一緒に食事をしたこともあって、YはM(ステディー)のことをお姉ちゃんと呼んで慕っていた。当時は、MにYのことはバレていないと思っていたけれど、当然のことながら気付いていたようで、Mと別れる時にそのことを告げられた。それでものびたがMのことだけ見ていてくれていたら気にしなかったのに・・・みたいな事を言われて心が重かったことをよく覚えている。

Yが大学に通い始めて彼氏ができてから、意識的に逢わないように心がけた。正直彼氏ができてからも、Yにせがまれて何度か会ってしまったのだけれど、最後に寝たときに、はっきりもう会わないと告げた。エッチしなければ会ってもいいでしょと泣きながらYに聞かれたけれど、会ったらのびたが我慢できないからといって突っぱねた。

Yとはfacebookでつながっているので、未だにチャットすることがある。昨日3ヶ月ぶりに連絡が来た。最近仕事が大変で疲れちゃって、久しぶりに会いたい・・・だそうだ。毎回連絡が来るたびに、Yの丁寧なお掃除フェラを思い出してしまうのだが、今回も心を鬼にしてはぐらかしておいた。もう会わないと言ったのに、あの助平なお口と、若い体に負けて会ってしまったら(どういうわけか)負けだと思っている。これは30代のおじさんの目一杯の強がりなのだ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


麻雀 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

男の強がりって大体くだらないけどいろんなことを経験した後だとそれが鉄のルールになって自分の中ですごい重要になったりしますよね。
僕ものびたさんのような経験(オイシイ経験?w)ではないんですけど女の子に対してはそういう感覚になることがしばしばあります。

のびたさんのその器量と時折見せる闇というか弱さというのがたくさんの人を惹きつける魅力になっているんだなぁって思いました。

のびたさんクラスでもててえええええええええ!

こういう経験したかった笑
そう言ってる間にもう26
素直に羨ましい~

No title

じゅにあさん

男はポリシー大事だと思います!
ただ、よく欲望に負けてポリシー曲げますが・・・w

まだ若いんですから、クラブ行って数声かければすぐだと思いますよ♪

若い打ちにたくさん失敗することが肝要かと!

No title

26だったらこれからいくらでも楽しめますよ〜

因みに、わたしはかなりストライクゾーン広いですからw

No title

面白く読ませてもらいました!
くっだらない質問ですが…

Yさんみたいな前の男に開発された子と付き合うと、なんか負けた気持ちになってしまうんですが笑
こういうのって、のびたさんみたいに色んな子を開発した男にはない悩みですかね?

既に開発済みの子と付き合ったら、そこからどう自分色に染めますか?笑

No title

訪問ありがとうございます。

難しい質問ですね〜

遊びの子ならまず気にならないですねw

ただ、こちらが本気になってしまうと少なからず気になる瞬間は来ると思います。

女の子だけではないですか、人と付き合うというのは過去をも受け入れるということですからね。

最初は受け入れがたい過去も一緒に大事に日々を過ごすことで、時間はかかるかもしれませんが、最後には時が解決してくれると思います。

そして、知らずの内に自分色に染まってくることでしょうw

御自身がど変態なら話は早いでしょうねw

No title

お返事ありがとうございます!

>遊びの子なら
そこは同意できます笑
むしろありがたい…


それにしても、経験豊富なのびたさんですら、気になる瞬間がくるんですね汗
今を大事にして、時間による解決を待つしかないですかねえ…

ありがとうございます!

No title

どんなに遊んできた男でも惚れた女には絶対勝てないんですよね。

男って死ぬまでバカですからw

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

プロフィール

雀ゴロのびた

Author:雀ゴロのびた
はじめまして

雀ゴロのびたです。

麻雀がメインですが、セックスも同じくらい好きなのでエロも書きますw

まずは、最新の成績から

雀荘R 1−2−4 東風 準完先 
面前祝儀 赤(500)3枚、金(1000)1枚 
場代300ー400

総合収支 250000
ゲーム代 160000
麻雀のみの収支 420000
1ゲーム平均収支 510
平均順位2.38
ゲーム数 500

目標は400000でした。
後半戦の500ゲーム頑張って、800000位は到達したいですね♪

簡単な自己紹介

九州生まれの東京育ち

現在は関東の某都市で会社やってます。

趣味
ボクシング、キックボクシング、格闘技全般、海外旅行、クラブ遊び、お酒(シングルモルト、コニャック、シャンパーニュ好き)、乱パ、スポーツファック

遊んだ国
アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ミャンマー、カンボジア、フィリピン、ベトナム、シンガポール、香港、日本

得意技
左ストレート、左フック、飛び込みの右フック、3P(最大30P)

特技
TOEIC990、英検1級、帰国子女

フリー歴8年で毎年麻雀で貯めたペリカ(笑)で海外旅行に行っています。
今まで年一回がギリギリでしたが、今年から年二回になりました♪
目標は年1000ゲームで100万ペリカ!

追記
このごろ運動不足でプニプニしてきたので、
自分を律するためにプロフ写真はあえて裸!!

追記
麻雀の成績やお店情報はもちろんできるだけ正確に書いていますが、
あくまで半フィクションなので全部鵜呑みは駄目w

賭博、違法薬物は絶対駄目!

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。